活動 | 国立大学法人静岡大学 法科大学院
キャンパスライフ

活動

無料法律相談会のお知らせ

平成29年度無料法律相談会の予定

平成29年度は、以下の無料法律相談会を予定しています。詳細が決まり次第、本サイトにて情報提供いたします。

・第42回:平成29年9月23日(土)@ALWFロッキーセンター(静岡県勤労者総合会館3階)
・第43回:平成30年3月3日(土)@ALWFロッキーセンター(静岡県勤労者総合会館3階)

 

過去の無料法律相談会

第41回無料法律相談会

 平成29年3月3日(金)に、浜松市の浜松労政会館で第41回無料法律相談会を開催しました。今回は、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会ライフサポートセンターしずおか事業部、静岡大学法科大学院の共同主催で実施されました。
 浜松市での相談会は、今回が初めてとなりますが、相続を中心に7件の相談があり、本学の専任実務家教員である弁護士と院生が1件あたり約1時間にわたってじっくりとお話を伺いました。また、翌4日(土)には、相談会に参加した実務家教員・研究者教員・院生が全員で検討会を開催し、相談事例の内容や具体的な相談の手法について意見交換を行いました(写真は、検討会の様子です)。検討会には、昨年3月まで無料法律相談会の教員責任者を務められた、宮下修一中央大学法科大学院教授にもご参加いただき、貴重なアドバイスを頂戴しました。
 今回も、浜松市、静岡県労働者福祉協議会、静岡県労働金庫、全労済静岡県本部、生活協同組合ユーコープの後援をいただき、市の広報や労働関係団体のネットワークを通じて丁寧な広報をしていただきました。この場を借りて、ご協力に心から御礼申し上げます。
 本年度の相談会は、これで最後となります。これまでと時期が異なりますが、来年度も2017年9月23日(土)と2018年3月3日(土)の計2回、静岡市内で相談会を実施する予定です。来年度も引き続き宜しくお願いします。

 

第40回無料法律相談会

 平成28年12月10日(土)に、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会ライフサポートセンターしずおか事業部の主催、静岡県法科大学院の共催により、ALWFロッキーセンター(静岡県勤労者総合会館3階)において、第40回無料法律相談会を開催しました。
 今回の相談会では、予定していた9枠の相談枠の予約が12月初旬には埋まり、キャンセル待ちが2件出る盛況ぶりでした。せっかくお申し込みいただいたのにもかかわらず、キャンセルがなかった関係でご相談にお越しいただけなかった方々には、この場を借りてお詫び申し上げます。
 相談の内容は相続が中心でしたが、いずれも法科大学院実務家教員を務める弁護士と静岡県弁護士会に所属する弁護士と院生が約1時間にわたってじっくりとお話を伺いました。
 今回も、静岡市、静岡県労働者福祉協議会、静岡県労働金庫、全労済静岡県本部、生活協同組合ユーコープ、ライフサポートセンター友の会の後援をいただきました。心から御礼申し上げます。

 

第39回無料法律相談会

 平成28年9月23日(金)に、松崎町生涯学習センター(松崎町役場隣)で、第39回目となる無料法律相談会を開催しました。本相談会を松崎町で開催するのは、今年で5回目となります。当日は、本法科大学院の実務家教員(弁護士)3名と院生・修了生6名が、遺言状の書き方、相続など、5件の相談を受けました。昨年度と比べ、相談件数が減ったものの、相談者の中には、数年前に本相談会にいらして、今回再び相談に見えられた、リピーターの方もおり、本相談会が松崎町の皆さんにとって身近な存在となっていることを実感しました。
相談会を行った翌日の24日(土)には、参加した全員が集まり、相談事例の検討会を開催しました。院生・修了生からの相談内容の報告を受けて、担当した実務家教員から内容の補足や相談の進め方などについてのアドバイスがあり、さらに参加者全員で活発な議論がなされました(写真は、24日の検討会の様子です)。
 今回の相談会も、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会・ライフサポートセンターしずおか事業部の主催・本法科大学院の共催で行いましたが、松崎町、西伊豆町、南伊豆町、賀茂地区労働者福祉協議会、静岡県労働者福祉協議会、静岡県労働金庫、全労済静岡県本部、生活協同組合ユーコープ、ライフサポートセンター友の会からご後援をいただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 今年度は、平成28年12月10日(土)に静岡市・ALWFロッキーセンター(静岡勤労者総合会館3階)、平成29年3月3日(土)に浜松市・浜松労政会館(予定)で無料法律相談会を開催する予定です。

 

第38回無料法律相談会

平成28年6月25日(土)に、ALWFロッキーセンター(静岡勤労者総合会館3階)にて、第38回目となる無料法律相談会を開催しました。この相談会は、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会・ライフサポートセンターしずおか事業部が主催し、本法科大学院が共催するもので、静岡市、一般社団法人静岡県労働者福祉協議会、静岡県労働金庫、全労済静岡県本部のご後援もいただきました。
当日は、本法科大学院の実務家教員(弁護士)3名と院生(修了生1名を含む)7名が参加して、相続や離婚をめぐるトラブルなど、当日飛び込みで受け付けた1件を含め、合計7件の相談が行われました。
今年度も、社会貢献、さらに院生の貴重な実務教育の一環として、今回を含めて4回の無料法律相談会を開催する予定です。

 

第37回無料法律相談会

 平成28年3月4日(金)に、静岡県と愛知県の県境・湖西市の中心部にある湖西市民会館で第37回無料法律相談会を開催しました。今回は、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会ライフサポートセンターしずおか事業部の主催、また、静岡大学法科大学院と湖西地区労働者福祉協議会の共催で実施されました。
湖西市での相談会は、昨年に引き続き2回目となりますが、今回は、離婚や相続、借金など6件の相談があり、本学の専任実務家教員である弁護士と院生が1件あたり約1時間にわたってじっくりとお話を伺いました。また、翌5日(土)には、相談会に参加した実務家教員・研究者教員・院生が全員で検討会を開催し、相談事例の内容や具体的な相談の手法について意見交換を行いました(写真は、検討会の様子です)。
今回も、湖西市、静岡県労働者福祉協議会、静岡県労働金庫、全労済静岡県本部、生活協同組合ユーコープの後援をいただき、市の広報や労働関係団体のネットワークを通じて丁寧な広報をしていただきました。この場を借りて、ご協力に心から御礼申し上げます。
本年度の相談会は、これで最後となります。来年度も、6月・12月に静岡、9月に県東部・伊豆地域の松崎町、(平成29年)3月に県西部(開催場所未定)と、年4回の相談会を実施する予定です。

 

第36回無料法律相談会

平成27年12月5日(土)に、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会ライフサポートセンターしずおか事業部の主催、静岡県法科大学院の共催により、ALWFロッキーセンター(静岡県勤労者総合会館3階)において、第36回無料法律相談会を開催しました。
今回の相談会では、予定していた9枠の相談枠の予約が11月中に埋まり、キャンセル待ちも出る状況でした。せっかくお申し込みいただいたのにもかかわらず、キャンセルがなかった関係でご相談にお越しいただけなかった方々には、この場を借りてお詫び申し上げます。
相談の内容は、相続、請負、生活トラブルなど多岐にわたりましたが、いずれも法科大学院実務家教員を務める弁護士と静岡県弁護士会に所属する弁護士と院生が約1時間にわたってじっくりとお話を伺いました。
今回も、静岡市、静岡県労働者福祉協議会、静岡県労働金庫、全労済静岡県本部、生活協同組合ユーコープの後援をいただきました。心から御礼申し上げます。

 

第35回無料法律相談会

 平成27年9月11日(金)に、松崎町生涯学習センター(松崎町役場隣)で、第35回目となる無料法律相談会を開催しました。静岡県の西伊豆地域は、現在もなお登録されている弁護士がゼロの地域です。本相談会を松崎町で開催するのは、今年で4年目を迎えましたが、募集をしてまもなく、9件の相談枠の予約が埋まりました。当日は、本法科大学院の実務家教員(弁護士)3名と院生が、離婚、隣人トラブル、相続など、さまざまな問題についての相談を受けました。
相談会を行った翌日の12日(土)には、参加した全員が集まり、相談事例の検討会を開催しました。院生の担当者から相談内容の報告を受けて、担当した実務家教員から内容の補足や相談の進め方などについてのアドバイスがあり、さらに参加者全員で白熱した議論がなされました(写真は、12日の検討会の様子)。
今回の相談会も、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会・ライフサポートセンターしずおか事業部の主催・本法科大学院の共催で行いましたが、松崎町、西伊豆町、南伊豆町、一般社団法人静岡県労働者福祉協議会、賀茂地区労働者福祉協議会、静岡県労働金庫、全労済静岡県本部からご後援をいただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
今年度は、平成27年12月5日(土)に静岡市・ALWFロッキーセンター(静岡県勤労者総合会館3階)、平成28年3月5日(土)に湖西市・湖西市民会館で無料法律相談会を開催する予定です。

 

第34回無料法律相談会

平成27年6月27日(土)に、ALWFロッキーセンター(静岡県勤労者総合会館3階)にて、第34回目となる無料法律相談会を開催しました。この相談会は、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会・ライフサポートセンターしずおか事業部が主催し、本法科大学院が共催するもので、静岡市、一般社団法人静岡県労働者福祉協議会、静岡県労働金庫、全労済静岡県本部のご後援もいただきました。
当日は、本法科大学院の実務家教員(弁護士)3名と院生が参加して、夫婦関係や賃貸借をめぐるトラブルなど、合計8件の相談が行われました。
今年度も、社会貢献、さらに院生の貴重な実務教育の一環として、今回を含めて4回の無料法律相談会を開催する予定です。

 

第33回無料法律相談会



平成27年3月6日(金)に、湖西市民会館で、無料法律相談会を開催しました。この相談会は、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会・ライフサポートセンターしずおか事業部の主催、本法科大学院と湖西地区労働者福祉協議会の共催で行われました。毎年3月には静岡県西部地区で開催をしておりますが、湖西市での開催は今回が初めてとなります。今回は、静岡県労働者福祉協議会、賀茂地区労働者福祉協議会、静岡県労働金庫、全労済静岡県本部、生活協同組合ユーコープに加えて、湖西市のご後援をいただきました。
当日は、本法科大学院の実務家教員(弁護士)3名と院生が参加して、金銭問題や相続など、合計7件の相談が行われました。
この相談を受けて、翌日の7日(土)には、参加した全員が集まり検討会を開催しました。院生の担当者から相談内容の報告があった後、担当した実務家教員から相談の進め方などについてのアドバイスをふまえて、参加者全員で議論を行いました。今回の相談は、静岡大学が実施している弁護士事務所における「エクスターンシップ」(2年生対象)の一環も兼ねており、参加した院生には実務経験を積むうえで非常に貴重な経験となりました。
写真は、6日の相談に望む前の打ち合わせの様子(上2枚)と、7日の検討会の様子(下)です。
来年度も、6月・12月に静岡、9月に県東部・伊豆半島の松崎町、3月に県西部(場所未定)で計4回の無料法律相談会を開催する予定です。

 

第32回無料法律相談会

平成26年12月13日(木)に、ALWFロッキーセンター(静岡県勤労者総合会館3階)で、無料法律相談会を開催しました。この相談会は、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会・ライフサポートセンターしずおか事業部の主催・本法科大学院の共催で年4回実施されているものです。今回も、静岡市・一般社団法人静岡県労働者福祉協議会・静岡県労働金庫・全労済静岡県本部・生活協同組合ユーコープの後援をいただきました。
弁護士(本法科大学院の専任教員)と院生が、離婚・相続・金銭問題等にかかわる相談を受けて、1件あたり1時間前後にわたってじっくりお話を伺いました。

 

第31回無料法律相談会


平成26年9月19日(金)に、松崎町生涯学習センター(松崎町役場隣)(写真左)で、無料法律相談会を開催しました。この相談会は、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会・ライフサポートセンターしずおか事業部の主催・本法科大学院の共催で行われているもので、松崎町での開催は今年で3年目となります。今回も、松崎町、西伊豆町、南伊豆町、静岡県労働者福祉協議会、賀茂地区労働者福祉協議会、静岡県労働金庫、全労済静岡県本部、生活協同組合ユーコープの後援をいただきました。
相談は、本法科大学院の実務家教員(弁護士)3名と院生が参加して、合計8件、行われました。金銭問題や相続、あるいは地域にかかわるものなどについてそれぞれ1時間にわたって相談を受けました。
この相談を受けて、翌日の20日(土)には、参加した全員が集まり検討会を開催しました(写真右)。院生の担当者から相談内容の報告があった後、担当した実務家教員から相談の進め方などについてのアドバイスをふまえて、参加者全員で議論を行いました。法的に複雑な案件もあり、教員と院生との間でかなり突っ込んだやりとりもなされました。
来年度も引き続き、松崎町で無料法律相談会を開催する予定です。

 

第30回無料法律相談会

平成26年6月26日(木)に、ALWFロッキーセンター(静岡県勤労者総合会館3階)で、無料法律相談会を開催しました。この相談会は、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会・ライフサポートセンターしずおか事業部の主催・本法科大学院の共催で年4回実施されているものです。今回は、静岡市・一般社団法人静岡県労働者福祉協議会・静岡県労働金庫・全労済静岡県本部・生活協同組合ユーコープの後援をいただきました。
静岡市内で実施する無料法律相談会は、利用者の方の利便を考慮して、夕方から夜間にかけて相談を行っています。弁護士(本法科大学院の専任教員)と院生が、離婚・相続・金銭問題等にかかわる相談を受けて、1件あたり1時間前後にわたってじっくりお話を伺いました(写真は、相談を受ける前に、弁護士と院生が打ち合わせをしている様子です)。
本年度は、9月に伊豆半島西部地域にある松崎町、12月に静岡市、来年(平成26)年3月に静岡県西部地区(開催場所については現在検討中)で同様の無料法律相談会を実施いたします。

 

第29回無料法律相談会

平成26年3月7日(木)に、御前崎市文化会館で、無料法律相談会を開催しましたこの相談会は、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会・ライフサポートセンターしずおか事業部の主催・本法科大学院の共催で年4回実施されているもので、毎年3月は、県西部の弁護士が。今回は、静岡市・一般社団法人静岡県労働者福祉協議会・静岡県労働金庫・全労済静岡県本部・生活協同組合ユーコープの後援をいただきました。
静岡市内で実施する無料法律相談会は、利用者の方の利便を考慮して、夕方から夜間にかけて相談を行っています。弁護士(本法科大学院の専任教員)と院生が、離婚・相続・金銭問題等にかかわる相談を受けて、1件あたり1時間前後にわたってじっくりお話を伺いました(写真は、相談を受ける前に、弁護士と院生が打ち合わせをしている様子です)。
本年度は、9月に伊豆半島西部地域にある松崎町、12月に静岡市、来年(平成26)年3月に静岡県西部地区(開催場所については現在検討中)で同様の無料法律相談会を実施いたします。

 

第28回無料法律相談会

・平成25年12月14日@ALWFロッキーセンター
・・・当時のお知らせはコチラ

 

第27回無料法律相談会

平成25年9月12日(木)に、昨年に引き続き、松崎町生涯学習センター(松崎町役場隣)で、無料法律相談会(主催:公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会ライフサポートセンターしずおか事業部/共催:本法科大学院)を開催しました。今年も松崎町、西伊豆町、南伊豆町、賀茂地区労働者福祉協議会、生活協同組合ユーコープの後援をいただきました。
今回は、本法科大学院の実務家教員を含む弁護士3名と院生8名により、不動産取引、賃貸借、金銭消費貸借、離婚など多岐にわたる相談が、合計7件行われました。一般の無料法律相談は1件あたり30分以内で終了することが多いのですが、この相談会では、1時間程度にわたって弁護士と院生がじっくりお話を伺い、弁護士がアドバイスをするという形をとっています(写真左:相談前の準備の様子)。
翌13日(金)には、相談事例検討会を開催し、参加した教員・弁護士・院生が全員で相談内容のポイントや法律相談の進め方について議論を行いました(写真右:検討会の様子)。

 

第26回無料法律相談会

 平成25年6月27日(木)に、ALWFロッキーセンター(静岡県勤労者総合会館3階)で、無料法律相談会を開催しました。この相談会は、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会・ライフサポートセンターしずおか事業部の主催・本法科大学院の共催で年4回実施されているもので、本年度は初めての開催です。今回は、静岡市と生活協同組合コープしずおかの後援もいただきました。
静岡市内で実施する無料法律相談会では、仕事を終えた後でも立ち寄っていただけるよう、夕方から夜間にかけて相談を行っています。今回も弁護士(本法科大学院の実務家教員を含む)と院生が、離婚・相続等にかかわる相談を受けて、1件あたり1時間前後にわたってじっくりお話を伺いました(写真は、相談を受ける前に、弁護士と院生が手順等の確認をしている様子)。

 

第25回無料法律相談会

平成25年3月13日(水)に、浜松市・浜北中央公民館(浜北文化センター内)で、無料法律相談会を開催しました。この相談会は、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会・ライフサポートセンターしずおか事業部の主催・本法科大学院の共催で年4回実施されているものです。今回は、生活協同組合コープしずおかの後援もいただきました。
本法科大学院の実務家教員(弁護士)と院生が、相続・労働にかかわる相談を受けて、1件あたり1時間前後にわたってじっくりお話を伺いました。

 

第24回無料法律相談会

・平成24年12月15日@ALWFロッキーセンター
・・・当時のお知らせはコチラ

 

第23回無料法律相談会

 平成24年9月13日(木)に、松崎町生涯学習センター(松崎町役場隣)で、無料法律相談会を開催しました。この相談会は、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会・ライフサポートセンターしずおか事業部の主催・本法科大学院の共催で年4回実施されているもので、今回で23回目を数えます。今回は、松崎町、西伊豆町、南伊豆町、賀茂地区労働者福祉協議会、生活協同組合コープしずおかの後援もいただきました。
相談は、本法科大学院の実務家教員(弁護士)3名と院生が参加して、合計9件、行われました。一般の無料法律相談は1件あたり30分で終了することが多いのですが、この相談会では、1時間にわたってじっくりお話を伺い、実務家教員(弁護士)がアドバイスをするという形をとっています。特に、今回開催地である松崎町は、隣町の西伊豆町と南伊豆町を含めて常駐する弁護士がいないこともあり、申込みの受付を開始した直後にすべての相談予定が埋まり、キャンセル待ちもしていただくことになるなど、地域のニーズの高さを実感することにもなりました。
相談会は、法科大学院生の実務教育の一環としての役割も担っています。翌14日(金)には、参加した全員が集まり検討会を開催して、相談内容や相談の進め方に関する報告を受けて議論を行いました(写真は、検討会の様子)。