カリキュラム | 国立大学法人静岡大学 法科大学院
教育ビジョン

カリキュラム

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 法律学についての自律的な学修を進め、法曹実務家として活動することができる基礎的な能力を身につけるため系統的な授業配置とする。とくに以下の点に留意する。
1.多様なバックグランドの学生が着実に学修できるように、基礎→定着→応用の3段階の科目配置を基本とする。
2.研究者教員と実務家教員が共同して参画する授業を通じて理論と実務の架橋を試みる。
3.少人数のクラス編成によって、双方向・多方向での授業展開を実現する。
4.中国法務関連科目や在住外国人関連科目など地域に特有な法律問題やニーズに対応しうる授業科目を配置する。
5.法律基本科目及び法律実務基礎科目については、共通的到達目標(コア・カリキュラム)と同等以上の教育内容とする。
  *共通的到達目標(コア・カリキュラム)についてはコチラ(外部リンク)

 

課程

3年課程(法学未修者)

法学をはじめて学ぶ未修者は、入門段階→基礎段階(Ⅰ・Ⅱ)→応用段階の三段階を縦糸とし、各段階で理論と実務の架橋を横糸として編成された課程を3年で学習することによって、理論と実務の架橋を段階的・完結的に行うことができるようになっています。

2年課程(法学既修者)

法学既修者は、3年課程の2年次から履修を開始。基礎段階Ⅱ→応用段階という二段階で学習を進めます。

 

カリキュラムの概要

1年次:法理論の体系的理解

理論の体系的な理解に重点をおいた憲法、民法、刑法、刑事訴訟法などの法律基本科目を中心に配置しています。

2年次:問題解決能力の涵養

ロイヤリングや職業倫理などの法律実務基礎科目、民事訴訟法、会社法、行政法などの法律基本科目を配置しています。さらに法律基本科目の理解を確実にし、具体的な問題に法を適用して解決する能力を修得するために、公法、民事法、刑事法の各総合演習を展開しています。これらの演習は、研究者教員と実務家教員が共同で担当し、理論と実務、実体法と手続法とを架橋します。

3年次:応用的・実務的能力の涵養

本格的に理論から実務へと展開し仕上げをする、裁判官担当の民事と検察官担当の刑事の各法律実務基礎科目を配置しています。このほか、2・3年次には、企業法務関連と市民生活・公共法務関連の専門的かつ実務的・実践的な能力を高める展開・先端科目を配置するとともに、国際的な視野や法の歴史、外国法を見る目や法制度に関する深い洞察力を養う、法社会学、現代弁護士論などの基礎法学・隣接科目(一部は1年次に履修)を配置しています。

 

修得単位数と履修制限

修了に必要な修得単位数

3年課程と2年課程の修了に必要な修得単位数は次の通りです。

3年課程 2年課程
授業科目群 必修科目 選択必修科目 選択科目 必修科目 選択必修科目 選択科目
法律基本科目群 54 4 ~ 8 26 4 ~ 8
法律実務基礎科目群 8 6 ~ 10 8 6 ~ 10
基礎法学・隣接科目群 4以上 4以上
展開・先端科目群 12以上 12以上
小 計 62 10 ~ 18 16以上* 34 10 ~ 18 16以上*
36以上 36以上
総 計 98 70

※選択科目の必要単位数は16単位以上となっていますが、選択必修科目は18単位しか開講していないため、修了するには選択科目を最低でも18単位履修することになります。

 

履修制限(キャップ制)

予復習に十分な時間を確保し、授業内容の確実な理解が可能となるように、1年間に履修することができる単位の上限があります。

3年課程 2年課程
1年次 36単位
2年次 36単位 36単位
3年次 44単位 44単位

*3年課程の2年次については、再履修の必修科目は4単位に限りこの上限を超えて履修できます。すなわち、1年で必修科目の単位を2単位修得できなかった場合、上限は38単位に、4~6単位修得できなかった場合は上限は40単位になります。

 

進級・修了要件

進級要件

【3年課程】
●1年次→2年次:1年次配当の法律基本科目のうち22単位以上修得し、GPAが1.2以上であること
●2年次→3年次:1年次配当の法律基本科目のすべての単位及び2年次配当の法律基本科目のうち18単位以上修得し、GPAが1.4以上であること
【2年課程】
2年次→3年次:2年次配当の法律基本科目のうち18単位以上修得し、GPAが1.4以上であること

修了要件

【3年課程】
3年以上在籍し、かつ98単位以上の授業科目の単位を修得し、GPAが1年次は1.2以上、2年次は1.4以上、3年次は1.6以上であること
【2年課程】
2年以上在籍し、かつ70単位以上の授業科目の単位を修得し(2年課程入学試験の試験科目に相当する法律基本科目に係る授業科目の単位数(28単位)はこれを修得したものとみなす)、GPAが2年次は1.4以上、3年次は1.6以上であること

 

授業配当

授業配当一覧